2011年06月06日

食事制限ダイエットは、ほどほどに

こんにちは!nonbyeです(^0^)

夏休みが近づいた頃、プールでは、水泳の練習に熱が入ります。
8月半ばには、水泳記録会が市民プールで行われます。

大会出場に向けて、こどもたちは張り切って練習に励みます。


わたしは、プールサイドで泳ぎのフォームをひとりひとり丁寧にチエックしていました。
みんな順調に泳ぎ、スピードもましてきていました。

同僚の男の先生が

「スピードを落としてゆっくり泳げ!手を伸ばして、行けるところまで行って・・」

といいながら、健康状態もチエックしています。


いつも、伸びのある泳ぎをしている菜緒子ちゃんの泳ぎが変なのです。
両手と足のキックのバランスがいい菜緒子ちゃんなのに、今日は、伸びがなく泳ぎが小さいのです。

どうしたのだろう?わたしは、首を傾げましたが見守ることにしました。


「よおーし!今度は、タイムを計るぞ!」

声がかかりました。

選手候補は、スタートラインに並びました。

ピストルの音と共に泳ぎ始めました。

「坂尾!ピッチあげろ!!」

プールサイドから応援の声がかかります。

「蹴りがたりなーいぞ」

先生が発破をかけました。


やっぱり菜緒子ちゃんの泳ぎはおかしいのです。
男の子に混じっても、見劣りしない大きな泳ぎをしていたのにどうしたんだろう。
心配がこみあげてきました。

コーチの先生も首をかしげています。
この場で、訳を聞くことも出来ないのでガマンしましたが体調を崩しているのかもしれません。


練習が一段落して着替え室に戻ってきたとき、我慢しけれずにわたしは、菜緒子ちゃんに話しかけました。

「今日は、体調悪かったの?」

と、聞くと菜緒子ちゃんは、困った顔をしてうつむきました。

「ねえ!朝ごはん食べた?」

重ねて聞きました。菜緒子ちゃんは、観念したかのように首を横に振りました。

(やっぱり・・、わたしは、心の中でうなずきました)

「体調わるかったの?」

菜緒ちゃんは、観念したかのように首を横に強く振って

「昨日の朝から、ご飯食べていないんです」

わたしは、思わず

「えっ」

と、大きな声を出してしまいました。

「またどうしたの・・」


「太ったお母さんを見ていたらわたしもああなるんだ!と思ったらご飯食べる気に慣れなかったの」

わたしは、菜緒子ちゃんの顔をまじまじと見て

「今は、伸び盛りなんだからそんなことしたら病気になるよ」

あまり言葉が強かったようで、側にいた女の子たちが驚いて寄って着ました。


その日の午後、わたしは菜緒子ちゃんの家を訪問しました。
お母さんに会って話しをしていたら、お母さんが、突然、笑い出だしました。

「身体は大きくても、まだまだ、こどもですね・・ダイエットするのは、わたしでしょ」

これで、大丈夫!菜緒ちゃんは水泳大会でいい成績を残すことでしょう。

posted by nonbye at 10:56| Comment(0) | ダイエット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

子どもの糖尿病は、恐い

怠惰な生活がもたらすもの


初めのころは、体重のことばかり気にしていたわたしでしたが時が経つにつれてダイエットに対する感覚が怠惰に変わってしまていました。

「このくらいは、まだ、大丈夫」



健康管理に気を使うのを忘れていました。

「美味しいものをチョットでいいから、食べたい」

それがその頃の口癖だったようです。



学校では、早朝に校庭を走る約束がありました。
子どもたちが朝、学校に来ると校庭にでて、まず、走ります。

校庭を7周半するとちょうど1000メートルになります。


わたしが受け持っている6年1組に太った男の子がいました。
彼は、一人っ子で大切に育てられていました。

おばあちゃん子で食べたいものは何でも与えてもらっていたようです。


美味しいものは、ちょっと食べると、もっと、食べたくなるものです。
果物やカステラやチョコレートなど、大好きな彼です。


特に、チョコレートは、食べ始めたらやめられなくなります。
いつも、口を動かしていないと落ち着かない日々が続きます。



わたしとおんなじではないか?

わたしは、彼を誘って走ることにしました。
校庭を1週すると息が切れていました。


12歳のこどもが150メートルをゆっくり走ったぐらいで息が切れてしまうことは、運動不足です。32歳のわたしは、まだ、余裕があると言うのに・・
身長も高く大きくまるで大きな岩のような彼と走ると、確かにわたしは、チビでした。


彼のペースに合わせて走りながら話しました。

特に、食事に付いて!

「お医者さんに子どもの糖尿病だといわれた」

彼は、ポツンと言いました。

「えっ」

驚いて、彼の顔を見上げてしまいました。


夏休みが終わった頃から、彼は、学校に来なくなりました。
家庭訪問しても留守で家の人にもあえない日が続いていました。

手の打ちようがありません。


子どもたちにも、彼を見かけたら連れて来るように頼んでおきました。

ある日のことです。

「先生、輝くん入院しているんだって!」

「どこの病院?」

「それがね。近くではないらしい」

夕方、また、家庭訪問です。

おばあちゃんが応対してくれました。

「輝は、身体に脂肪がつきすぎて骨が曲がってしまう病気なんです。近いうちに手術するそうです」

と、言うことになってしまっていました。


それから、彼の姿は、卒業まで観ることは出来ませんでした。

posted by nonbye at 07:20| Comment(0) | ダイエット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

A食事制限だけでは基礎代謝量が悪くなるみたい

食事制限だけでは、基礎代謝量が落ちてくるみたいですよ。


スリムが見えて来たので安心していました。
やっぱり、太っていたときと比べると動きやすいです。

運動会がありました。

子どもたちに混じって先生たちのリレーがありました。

「30代は、nonbye先生 お願いしますよ」

キャプテンに言われてわたしも走ることになっていました。
そのとき、わかったのです。


いくら張り切っていても、心と体は違う働きをすることを・・


スタートは、第一コーナーが山場です。
第一コーナーを先頭で駆け抜ければ勝ちです。

スタートラインにたってわたしは、そう思っていました。

しかし、体が動きませんでした。

急なカーブで足をとられて、上半身がついていきません。

転倒

恥ずかしいです。でも、負けず嫌いなわたしです。
起き上がって走りました。

第三コーナーで、また、転んでしまいました!
まさかの二回の転倒です。

こんなことあるなんて!

悔しくて悔しくて・・・でも、仕方がありません。
言い訳はしません。

食事制限ダイエットは、基礎代謝量を下げてしまっていたことに気がつきませんでした。


ダイエットするなら、チャンと食べなければね。
しっかり食べて運動して基礎代謝量を上げて筋肉を作るんですよ!


自分に言い聞かせての生活が始まりました。

朝食は、納豆に鮭、味噌汁にオヒタシ、三人揃って楽しくです。

昼は、学校給食です。
あまり、美味しいとはおもえませんし、食べることに集中することも出来ないのです。

給食の世話をしながら、事務的な仕事を片付ける。
ちょっとの暇も無駄にしないで仕事をしていますから・・

「おかわりください!」

つぎつぎ子どもたちが押し寄せてくる中で、パンを飲み込み牛乳を流し込む、そのような食事の繰り返しでした。



posted by nonbye at 09:39| Comment(0) | ダイエット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。